京都の税理士なら【税理士法人心 京都税理士事務所】

税理士法人心

お役立ち情報

税理士に確定申告を依頼するメリット・デメリット

  • 文責:所長 税理士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2022年2月8日

1 手間や時間を削減し、本業に専念できます

個人事業をされている方にとって、税金のお話は避けて通ることはできません。

一定以上の所得があれば、納税の義務があるため、適切な方法で計算をして、納税する必要があります。

しかし、税金の申告は、決して簡単ではありません。

どういった資料が必要なのか、どの費用がどの勘定科目に入るのかなどを把握し、適切な確定申告をすることは、税金に精通したプロでないと難しい場合が多いと言えます。

難しい専門書を買って勉強したり、税務署と何度もやりとりをしながら、申告書を作成することを考えると、税理士に確定申告を任せてしまうという選択肢も十分あり得ると思います。

2 確定申告の失敗を防ぐことができる

もし、不正確な確定申告をしてしまうと、どうなるのでしょうか。

必要な資料が足りていなかったり、不適切な費用を計上してしまっていたりすると、税務署から指摘が入ることがあります。

場合によっては、追加で税金を納めなければならないケースもあります。

税金のプロである税理士が、確定申告を行えば、こういった事態を防ぐことができる可能性がぐっと高まります。

3 税務調査の対象になりにくくなる

税金に詳しくない方が行った確定申告と、税理士が行った確定申告では、税務署が抱く印象が大きく異なることがあります。

税務署は税金のプロなので、税金に詳しくない一般の方が行った確定申告だと、どうしても「不適切な部分がないか」という見方が強まる傾向があります。

他方、税理士が関与した上での確定申告であれば、いったんは税金のプロである税理士がチェックしているという安心感が生まれやすくなります。

また、仮に不明瞭な部分があったとしても、まずは税理士宛に問い合わせが来ることが多いので、税理士が適切に対応すれば、その分税務調査の可能性を減らすことができます。

4 税理士費用というデメリットもありますが・・・

税理士に確定申告を任せた場合、当然ながら費用が必要です。

しかし、自分で確定申告を行うことの労力や、税務調査の可能性を低くするという観点から言えば、税理士費用は必ずしもデメリットとは言えないかもしれません。

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ